むさし's 視点🌱事業継続コンサルティングで企業のリスクマネジメントをサポートする♬😊

BCPについて

  • HOME »
  • BCPについて

BCP(事業継続計画)

BCP(事業継続計画)とは


ある日突然、自然災害・大火災・テロ攻撃などの緊急事態が発生したならば、間違いなく病院や会社をはじめいろいろな人が被害を受けてしまいます。たとえそのような被害を受けても、会社の重要な業務が中断せずに継続できること、中断しても短い期間で業務を再開することが求められています。中でも患者さまの命を預かっている病院においては、絶対に業務中断という事態は避けなければなりません。また事業の継続は、企業評価の低下などを回避する観点において、会社を守る経営レベルの重要な課題と位置づけられます。

このような背景から病院や会社においては、災害や事故で被害を受けた場合においても、中核となる事業を継続すること、あるいは早期復旧するために、日頃から行うべき活動や継続のための方法や手段などを決めて、計画しておくことが大切になります。このような計画や日頃の活動を総合してBCP(事業継続計画)といいます。

防災対策とBCPの違い

従前から行われてきた防災対策というのは、人命の安全や建物などの資産の保全をすることをその主たる目的として、組織ごとに「減災対策や復旧対策」を講ずるものでした。これに対して、BCPというのは、事業を普段通りに継続することをその目的として、「被災時の活動や業務の継続が、新たな顧客の獲得につながるマーケティング」としての側面をもった取り組みです。従って、優先する業務を特定して、目標とする復旧時間や復旧レベルの設定、その継続に必要な要素の保全などを図ることが必要になります。

BCP遂行に必要なこと

・優先して事業の継続・復旧すべき中核業務を特定すること
・緊急時における中核業務の目標復旧時間を定めること
・緊急時に提供できる行政サービスのレベルについて予め協議すること
・全職員と業務継続について意思統一を予め図ること

BCPの内容

事前震災対策と事後震災対策に分けて考えます。

(1)事前震災対策
・病院の耐震化・不燃化を図る
・バックアップ病院を確保する
・病院内の各種システム・データのバックアップ及び設備什器の耐震対策を図る
・ライフラインの確保や備蓄食糧及び連絡手段の確保を図る
・職員の参集体制を構築する
・防災組織体制及び職員家族の安否確認方法の策定
・発災後に幹部職員不在の場合の指揮命令系統や権限の代行順位を決める

(2)事後震災対策
・病院まで石油燃料の運搬
・非常用発電機の運転稼働
・病院内での水の確保
・災害用シャワーの稼働
・災害用簡易トイレの稼働
・警備会社との連携活動

お問い合わせ

PAGETOP