むさし's 視点🌱BCP管理コンサルティングで企業のリスクマネジメントをサポートする♬😊

マーケティング

  • HOME »
  • マーケティング

「オラの会社でもこんなすげ~コトができるんだ!」

マーケティング

 そもそもマーケティングとは何をすることでしょうか。
 マーケティングの本には、難しいことが書かれてますが、
 心配しなくても大丈夫です。簡単に言うならば・・・
 マーケティングとは、売れるようにすることです。
 その上で一番大切なのは、お客さまがいることです。
 商品やサービスを買ってくれるお客さまがいることです。
 つまり、先ずはお客さまを見つけることです。
 そこからがビジネスのスタートになります。
商品やサービスが爆発的に売れるようにするには、先にお客さまを見つけてくることです。成功するマーケティングはそこからはじまります。

よそとちゃうこと

ビジネスで成功するのは、いつも最初にはじめた人です。
商売を繁盛させたいのならば、常に「よそとちゃうこと、
よそがやってないこと」を意識するべきで、大きく発展
するにはそこしかありません。儲けのヒントは、よそが
やってないことの中にたくさんあります。すでに成功の
事例があるならば、それをやってもうまくいかない。
よそとちゃうことのヒントは「お客さまの問題点」に着目
すると見えてきます。集客に困ってきたら、よそと同じ
ことをやっていないかを確認しましょう。その上で、
自分の得意なことは何か。自身のセールスポイントはどんなことだろう。苦手なことや嫌いな仕事を辞めて、できるだけ得意なことや好きなことを増やすこと。そうすれば、必然的に周りから「すごい!」と思われ、信頼されていきます。「得意」や「好き」に注力することと、よそとちゃうことをすること。これが商売が繁盛する大切なポイントです。

差別化よりも独自の視点

 あなたは誰からであれば商品やサービスを買いますか。
 商品に差がない場合、つまり差別化が難しい場合は、
 このことが非常に重要になってきます。値引きができない
 のであれば、誰からならば商品を買ってくれるのかを良く
 考えよう。マーケティングは「お客さまを見つける」こと
 からはじまります。その上で常識を度外視して見よう。
 必ず新たなアイデアが生まれてきます。大切なのは、
 「作った商品をどのように売るか?」ということではなく
 「商品を買ってもいいというお客さまはどこにいるか?」という視点を持つことです。売るのではなくて、売れるようにすることです。どのような業界でも、この思考が現状を打破するきっかけになります。

買う人を見つけることから始まる

これまでのビジネスは、自社の商品やサービスの魅力が
先にあって、それをお客さまに伝えることに注力していま
した。どんな理念や努力によって商品を作ったかという
ストーリーで魅力を伝える方法です。しかし、そこには
お客さまがいないと商売は成り立ちません。作る立場の
思いである「この素晴らしさをわかってほしい!」という
こだわりを捨てて、買う立場であるお客さまの視点で
ビジネスを考える必要があります。お客さまが欲しい
ものは、必ずしもあなたが売っているものであるとは
限りません。だからこそ、お客さまの要望をもっと柔軟に考える必要があります。




お問い合わせ

PAGETOP