トップコミットメント

トップコミットメント

 サステイナブルな社会の実現を目指して挑戦し続けます

持続可能な開発目標(SDGs)
宮田和裕
地球環境の問題、人口増加に伴う資源やエネルギーの問題など、私たちのまわりには数多くの課題が残されています。

2015年には国連で「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択され、そしてCOP21では歴史的な「パリ協定」が採択されました。世界中の国や企業が環境課題解決に向けて動きを加速させる中で、私たちリサージュも人と環境の事業を展開する企業として、世界課題の解決に向けた取り組みを加速させます。




人と環境に希望を与えるリサージュ

 人と環境に希望を与える/環境経営

スタッフ全員で環境経営を推進します
私たちはコーポレートメッセージとして、もっと創りたい『人と環境と感動を!』を掲げています。このメッセージには「人に希望を与え、人が育つ場の環境を守りたい」「社会に幸せを与える企業でありたい」そして「人や地球環境をよくすることに常に挑戦し続けたい」という私たちの思いが込められています。かけがえのない自然環境を守るためには、地球環境の保全に積極的に取組み、次世代に引き継いでいく責務があります。環境経営目標により明確な方向性を与えるため「環境ビジョン」を策定するとともに「2020年目標」を設定しました。その達成に向け「自然環境の保護」「環境負荷低減」を2つの軸に据え、スタッフ全員で環境経営を推進します。




「人と環境」を最重要テーマに定め、取り組みを加速させます

 人と環境が最重要テーマ/CSR経営

持続可能な社会の実現に向けて
「人と環境」はリサージュの企業活動の原点であり、人の生活、そして企業を発展させるためには貴重な「資源」です。SDGsにおいても「人と環境」は持続可能な社会の実現に向けての最重要課題になります。したがって、私たちが何よりも優先して取組む課題であると認識しています。「人と環境に希望を与える」企業として「人と環境のサステナビリティ」活動を実践するにあたり、『人と環境の理念』を制定しました。この理念のもと、人を育む自然環境の保護活動に積極的に取り組んでいきます。そして、地域との共生を図りながら「人と環境に希望を!」という合言葉で人と環境にやさしい活動を行います。




本当の意味で「価値のある企業」を目指します

 価値ある企業を目指す/社会への貢献

1% For 希望
「人と環境に希望を与える」―これは世の中の人や企業に最高品質の商品・サービスをお届けすることで、人や企業の豊かな生活の創造に貢献して、社会や地球環境と一緒に生きていくという、リサージュが掲げた使命です。その根底にあるのは「勇気を出してactionを!」に基づくチャレンジ精神と、事業で得た利益の一部は『1% For 希望』という活動によって社会への貢献のために役立てたいという想いです。この2つの考えが原動力となって、企業としての使命を果たすことが、私たちが目指す「人から信頼される企業」だと考えています。




                  ●●●●●●●●●●●●●●

トップコミットメント 無杉





PAGE TOP